再生リスト 田中角栄

田中角栄の学歴と名言が残された背景にどんなドラマがあったのか?!

投稿日:

田中角栄、巨悪の形容詞とされた人物である。

田中角栄

名前を聞くとすぐに頭に浮かぶのが「ロッキード事件」
刑事被告人として首相の収賄を問われ、巨悪の形容詞とされた人物である。

しかし、今になって再び脚光を浴びています。

今回は、時々話題に上がる学歴と
一部ですが残した名言の一部を紹介したいと思います。

<誕生・学歴>
1918年
新潟県刈羽郡二田村大字坂田(現・柏崎市)に父・田中角次、母・フメの二男として生まれる。

父・角次が様々な事業に手を出し失敗し、極貧生活を余儀なくされる。

1933年
二田高等小学校(現在の柏崎市立二田小学校)卒業。

※1936年
中央工学校土木課卒業(学制上の学校ではなかった)

<名言>

必要なのは学歴ではなく学問だよ。
学歴は過去の栄光。
学問は現在に生きている。

用件は便箋1枚に大きな字で書け。
初めに結論を言え。
理由は3つまでだ。
この世に3つでまとめきれない大事はない。

できることはやる。
できないことはやらない。
しかし、すべての責任はこのワシが負う。以上!

…続きは動画で

チャンネル登録をお願いします。
http://urx.red/ysj3

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-再生リスト, 田中角栄
-, , , , ,

Copyright© 政治経済動画.コム , 2020 AllRights Reserved.